珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

本格的なコーヒールーム

 

珈琲豆専門家ワッキーこと立脇潤です♪

 

tsukikoyaのすごいところ第三弾いきまーす♪

やっと珈琲の話に入っていきます。

先月あたりに2階にコーヒールームができたので、観てみますか?

と、店員さんが案内してくれました。

これがまたまたすごいんですよ。

【コーヒールームの写真】

 f:id:tatejun1974:20150901235440j:image

f:id:tatejun1974:20150901235506j:image

入り口の看板

景色が綺麗な外の見える窓

f:id:tatejun1974:20150901235644j:image

f:id:tatejun1974:20150901235730j:image

好きな豆と好きな道具で自分で淹れることができます。

セルフとお店の方の両方が選べるというのは、とても面白いです(^^)

僕が目指しているのは、珈琲豆屋さん。

買ってもらった珈琲豆を自宅で美味しく飲んで欲しいんです。

でもですね。

同じ豆。同じ道具。同じ温度など条件を同じにして、同時にドリップしても違う味わいになる。それが珈琲だと思ってます(ペーパードリップの話)。

そこが難しくて、面白いところ(^^)

立地やお店の広さなどによって普通は難しいのがこういうコーヒールームを作ること。

お客さんが飲むだけでなく、淹れることができて気付いたことをアドバイスすることができる。

お店の中にこういうところがあるって、素晴らしいなあって。

それにこの部屋の中にあるもの。

すべて、こだわってそうなものばかり。

机の木材にしても、珈琲道具やその関連にしても見栄えも機能もいいものばかり。

この空間自体すばらしいですよね。

僕達が行った前日、花火(大会?)があったらしくて、ここの窓からお客さんが何名も眺めていたらしいです。羨ましい光景です。

この空間に花火。そして自分で淹れた(たぶん)美味しい珈琲で眺める時間。

想像しただけでも、素敵な時間が過ごせそう~という感じです。

続く