珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

フードペアリング

珈琲豆専門家ワッキーこと立脇潤です🎵

 

今回はフードペアリング

珈琲とお菓子の相性です(珈琲ネタ、ブログでは久しぶりかも~)

 

毎朝ドリップして、珈琲を多めにいれて、タンブラーにわけて会社でも飲んでます。

仕事の関係で車で移動中、小腹が空いたので買ったのがドラ焼き!

和菓子にはお茶でしょ!という方も多いと思います。

でもですね。珈琲もあうのがあるんです。

 【買ったどら焼き】

f:id:tatejun1974:20150923215722j:image

美味っ!生の食感がいいわ〜

あんこって、結構甘みがしっかりしてますよね。

甘みがしっかりした食べ物には、苦味がしっかりした珈琲が良くあいます(より美味しいという意味)。

珈琲の苦さの尺度は焙煎度合でだいたいわかります。

煎りがが深くなればなるほど苦くなり、酸味が減っていきます。

スペシャリティ珈琲は、最近の流れで中煎りが多いので、それほど甘すぎない上品な甘さのものと合わせるお店が多いですね。

中深煎りぐらいから、苦味がしっかりしてくるので、甘さのしっかりしたチョコとか和菓子がより合うと思います

【見た目による焙煎の違い】

f:id:tatejun1974:20150923221355j:image

 左下が生豆。左上が浅煎り。右上が中煎り。

右下が中深煎りです。

結構、見た目も違うものなんですよ〜

そして、豆から引き出される味わいも、かなり変わってくるんです。

焙煎度合が選べる珈琲屋さんなら、確認してスウィートも合わせるとより美味しくなりますよ〜。

 

ちなみに、僕の淹れる珈琲は一般的な珈琲の淹れ方より、多めに豆を使用してじっくりドリップします。味わいもしっかり目。一段と和菓子との相性がいいんです🎵

上手くドリップしないと嫌な味わいも多くでる諸刃の剣。。

慣れると美味しく淹れられますよ!