珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

器具によって味わいが違う

珈琲豆専門家ワッキーこと立脇潤です

 

メローブラウンカフェの感想とともに、珈琲の説明をしちゃおうと

頼まれてもいないのに書いてま〜す

 f:id:tatejun1974:20151112175005j:image

 このメニューがよくできてるなあ〜って、思うんです。

写真撮ってないけど、1は珈琲の豆を選ぶ。2が抽出器具を選ぶ。3が好きなカップを

選ぶ

器と豆にこだわる珈琲屋にはいったときの楽しみはここにあるという感じです。

資金の乏しい珈琲屋さんにはできません(TT)

ちなみに、僕が選んだ豆はパナマ ゲイシャ エスメラルダ農園

器具はステンレスフィルター

カップはもちろんレッド!!(シャア好きなんで^^)

豆は、珈琲好きならご存知、パナマのゲイシャ!!名前を見たら飲みたくなるような話題のお豆♪(お好みですけどね)

 さて、注目したいのは抽出方法。

4つから選べます。こちらのお店は。

珈琲屋さんによってお勧めの抽出方法って、まちまちです。

それが、選べるっていうのはいいですよね。

最近、抽出器具も新しいものがいろいろでてきて、どの器具も一長一短があるんですね。

それを把握して、ご家庭でもおいしい珈琲を飲んで欲しい!って、珈琲屋の端くれとして思います(まだプロでないんで)。

円錐ドリップ。近年の流行はV60というハリオさんのがアメリカでもスタンダードらしい(雑誌によると)。個人的にはコーノ式ドリッパーがお勧め。

www.amazon.co.jp

僕は豆の焙煎度合いによって使いわけています。

ステンレスフィルターはペーパーでなくて、ステンレス製なので、ペーパーだと吸い取られてしまうコーヒーオイルの成分が楽しめます。その分、コーヒーの粉の微粉がでる。プレスだともっとでる。オイルもその分楽しめます。

こちらも一長一短です。

カップの底に微粉があるなんて、許せないという方って、結構いらっしゃるんでその方はペーパードリップかサイフォンをお勧めします。

サイフォンですごく美味しい珈琲って、個人的に飲んだことがないので評価は難しいです。ただ最近はスペシャルティコーヒーの大会でサイフォン部門もあるので、進化していると思います。

その分野で技術を磨いたサイフォニストと呼ばれる方のコーヒーならまた違う味わいが楽しめると思いますよ~