珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

GORILLA COFFEEに行ってきました!

珈琲豆専門家ワッキーこと立脇潤です

 

渋谷にあるGORILLA COFFEEさんに行ってきました!

前から気になってたんですよね。

 

gorillacoffee.jp

 

渋谷という土地柄か、若者と外人の比率が物凄く高い。

ニューヨークブルックリンをイメージしたコーヒーショップらしいので、かなりcoolな店内。日本にないセンスを感じます。

f:id:tatejun1974:20151211001945j:image

f:id:tatejun1974:20151211001957j:image

f:id:tatejun1974:20151211002014j:image

 

 

ガツンとくるコーヒーが飲めると書いてあるので、期待してきました。

でも、一番インパクトが大きかったのが、フード系のかっこよさ。

どのフードもよくある日本の上品な感じではなく、こちらもかっこいい。

ちょっと小腹が空いていたので、BLTサンドを頼みました。

こんな感じ。

f:id:tatejun1974:20151211001921j:image

 他のフードもなんかフードクリエーター(あるかどうかは知りません)とかが作ったんじゃないかという感じのしゃれおつな感じ。

今まで僕が目にしてきたものといい意味で違うんですよ。

他のお客さんが手にしているフードがすべて独創的でかっこいい。

コーヒーよりフードが僕にはインパクトあり過ぎです!!

(充電するところも多くあり、仕事している方もいました。僕も助かった~)

 

では、僕のお目当ての避けて通れないコーヒー。

単なるコーヒーではなく、この店ではプア・オーバーと呼ばれるハンドドリップのコーヒーを注文。

何がこの店の売りかな?と思ったら、SHIBUYAブレンドというのがあったので、こちらをチョイス。

 

ん?

ゴリラをイメージするガツンさがない。。

かといって、サードウェーブを象徴する新鮮な酸味がはっきりと楽しめるわけでもない。。

残念です。

 

でもね。こういうのって、一度では正確な判断できないんですよ。(だいたいの判断だけ)大きい店になると、淹れる人によって、技術が全然違いますしね。

でも、プアオーバーのコーヒーメニューが思いっきり、下の方に埋もれてみえたのは、僕だけでしょうか?

このお店にプアオーバーの極上の美味しさを求めてないんでしょうか?

もう一度確かめたいのと、今度はかっこいいスウィーツが食べたい!!