珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

珈琲と水素水

ワッキーこと立脇潤です

 

最近、水素水って話題になってるの知ってますか?

f:id:tatejun1974:20160411101744p:image

(伊藤園さんのネットページからお借りしました)

病気や老化などの諸悪の根源である活性酸素を除く効果があるとされているらしいです。

www.skincare-univ.com

珈琲と健康の共通点を模索し続ける僕としては、これって珈琲で使えないかな?

って、考えました。

 

結論的にいうと香りや味わいそして、水素の濃度にこだわらなければ使える。

そうとう厳しい話です。。僕の調べた限りですけどね。

まず沸騰するとダメみたい

hydrogenwater.info

なので、70度ぐらいの温度までもっていって、淹れてレンジで温める

水素水をホットで飲みたい!電子レンジでサクッと温める? | ナチュラ水素で美容女子?効果口コミ大特集

もちろん、沸騰させないような温度で。

 

うん。やれないことはないけど、すでに商売的に使うのはこの時点で厳しい感じが

します。

 

基本的にこだわりの強い珈琲屋は再加熱って、嫌なんですよ。

通常、沸騰させたお水を85度ぐらいまで温度を落として、ドリップする。

提供するぐらいの時間で、甘さを多く感じやすい温度になる。

そこを再加熱すると香りがどんどん飛んでいくし、酸化して味わいが変わっていくから。(でも、お客さんが提供する時に席にいなくて、かなり冷めた頃に戻られるという場合は、再加熱はサービスだと思います)

 

レンジで温め直して、出された珈琲をお店でだすのは手抜きの珈琲屋っぽくて考えずらいし(^^;

ガスだと酸化がかなり進みそうだし、水素も抜けそう。

実験でやる分にはいいのでしょうけどね。普通の水よりは多く水素は取れます。

という感じでは、いいかもしれません。

 

名古屋の方に70度ぐらいのお湯で淹れて、再加熱して珈琲を出す店があるというのは聞いたことはあります。飲んだことはないけど。

その方が香りが開きやすいという持論のお店らしいです。

 

可能性はあります。でも本気でやるなら相当な試行錯誤が必要。

そんな風に感じました〜

f:id:tatejun1974:20160411101923j:image