珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

数秒でも味わいが変わる

ワッキーことでは立脇潤です

 

埼玉の日高にあるジュリアンさんに行ってきました!今年に入ってフロリダ族のステップアップコースでSNSの勉強を集中してやっていたので、なかなかそれ以外のことができませんでした。最近の珈琲の勉強をしたいとき(時代によって珈琲も変化します)は、僕はこちらのお店に来てお話しをします。

 今回はジュリアンさんのお店も忙しくて、なかなかじっくりとは話せませんでした。ですが、少しでも話すと勉強になります。珈琲って、価格帯によってかなり味わいが変わってきたり、その他にもその店のスタイルによっても変わる。

僕の勉強しているやり方だったら、味わいしっかりの昔ながらの苦味のある珈琲で、味と香りをたっぷり。それに対して今の時代の流れのスペシャルティコーヒーの味わいである、透明性やアフターテイスト(後味の広がり)を重視するお店だったり様々です。これは良い悪いの問題じゃなくて、その店のどういう方向性でやっていきたい個性の問題なんですよね。

僕の大好きなタンザニアの豆はあるのですが、同じ豆、同じ農園の豆をジュリアンさんも扱っていて、思わずメニューを見て頼みました!

同じ生豆でも、焙煎機に方式と方向性。焙煎時間がほんの数秒、数度違うだけでここまで味わいが変わるんだ!っていうのが改めて実感しました。

やっぱりコーヒー奥が深くて面白い!

お店に行ってカップで飲まないとわからないことがたくさんあります。

焙煎豆を取り寄せて、家で入れるのも良し悪しは大体わかりますけれども、お店に行って、その店のベストの状態で淹れてもらう。そうじゃないとお店の力って正確にはわからないんですよね

f:id:tatejun1974:20160514065655j:image 

f:id:tatejun1974:20160514065707j:image

(いつもちょっと手をつけてから、写真を撮ることを思い出します^^;)