読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

モカとイメージ

ワッキーこと立脇潤です

 

モカというコーヒーありますよね。スーパーとかに行くと、スペシャルブレンド、モカブレンド、キリマンジャロブレンドあたりがメインで売ってるところが多いんじゃないかなと思います。モカって、何の名前だか知っていますか?普通、コーヒーの豆の名前って国の名前が多いんですよね。ブラジルやコロンビア、インドネシア。最初に国の名前がつきます。でもモカって、国の名前じゃなくて、港の名前なんです。

 

昔は貿易で栄えた港らしいです。最近はそうでもないみたいですけどね。

でも、エチオピアは経済発展が最近急成長しているらしいので、現状はわからないですけどね。

珈琲屋さんによって、捉え方が違う時がありますのですが、2つの国から取れるものいます。イエメンとエチオピア。エチオピアの方が出荷量的には多いと思います。エチオピアはイルガチャフとかシダモ。イエメンはマタリ。聞いたことないですか?

味わいは独特のワインのような広がりとか、モカフレーバーとよばれたり。奥深い味わいがあって、これがないと珈琲の楽しみが1つ減ってしまう感じがしてしまいます。奥深い味わいから、女性に例えられることも多いですね。珈琲の貴婦人といったら、モカになるんじゃないかな。

もっと華やかなで明るく力強い感じだと、グアテマラとか。(あれ?アが小文字にできない^^;)

人に例えると面白かったりします。ちなみにインドネシアとかケニアは力強かったり、ワイルドだったりするので男性的なイメージですね。

 f:id:tatejun1974:20160515081117p:image

(エチオピア周辺の農園の地図)