読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

同じ味わいでも人によって味の感じ方が違う

ワッキーこと立脇潤です

 

最近、ブログのネタになるかなぁと思って砂糖とミルクの入った缶コーヒーを飲んだり、マクドナルドのカプチーノを飲んだりしたのですが、ただ美味しくないだけでした。。(T ^ T)(ブラックの缶はそれなりものが増えてきましたね。コンビニコーヒーもまあまあだと思いますよ)

でも、こういう珈琲だけ飲んでいると、珈琲って美味くないものなんだって思われてしまします。そんな時は、やはりちょっと高級な珈琲を飲んで欲しいな〜。

本来の珈琲の美味しさが楽しめるかもしれません。

でもね。これが結構、難しい。人によって同じ珈琲を出しても、好きな方嫌いな方が結構いるんですよね。特に個性の強い味わいだと。

 

お客さんと会話しながら、こんな味わいがどうですか?って、提案したりするのが珈琲屋の1つの仕事だったりします。良い豆には、本来の豆の甘さがあります。

それを包むように、特徴である苦味や酸味が味わえるんですよね。品質が良くなればなるほど、独特の個性や香り。味の広がり、後味。様々なものを感じることができます。

有名なチェーン店に行って、美味しくなかったと言って、珈琲を判断しないでほしいです。僕の大好きなコーヒーチェーンも、ストレートである本日のコーヒーはあんまり表評判は良くなかったりする。人気があるからといってストレートの珈琲が美味しいとは限らないんです。

そのあたりが、珈琲の難しいところでもあり、面白いところでもあります。

 

まずは自分の好きな味わいを探してみませんか?

 f:id:tatejun1974:20160701133011j:image

(ある珈琲屋さんのいった時の写真)