読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

一杯一万円の珈琲の仕組み

珈琲

ワッキーこと立脇潤です

 

ネットのニュースでこんな記事がありました

news.livedoor.com

珈琲に1杯1万円。

f:id:tatejun1974:20160819103851j:image

みなさんお支払いして飲みますか?

まず飲まないという人がほとんどかもしれません。

中身に相応の価値を感じて、記念日とかなら頼むかも。という人もいるかもしれないですね。

 

何軒か似たような値段で提供しているお店があります。

www.excite.co.jp

 

こちらは別格です(例外編)。かなり前に行きましたが、ものによってもっと高くなるこちらのお店

ameblo.jp

基本的なパターンとしては、

特別なカップ&ソーサーなどで演出してくれて、ジャマイカのブルーマウンテンの最高品質のものを提供する。そして、粗品にカップもプレゼント。

という流れで1万円。という感じですね。

(あくまで個人的ですが、ブルーマウンテンにそれほど価値を置かない人なので、頼もうとは思わないです。あまり深くは書きませんが。。カップは別で選んで好きなものを買いたいしね。サプライズなどで1万円を使って人に喜んでもらうプランと考えるといい企画なのかも。)

 

カップ&ソーサーなしで1万円ぐらいの豆といったら、やはりコピ・ルアク(ジャコウネコの糞からとれる珈琲)ですかね。それも野生かな??

shtn.seesaa.net

 

ここまではいかなくても、近年は人気のある農園の豆はネットで競り落としたりしますので、価格が高い。品質も高い。

例えば、有名なパナマ エスメラルダ ゲイシャなどは

一杯2千円から3千円ぐらいするところもありますしね。

1万円まではしなくても、数千円の価格の珈琲は増えてきています。