珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

ミルでより珈琲を楽しもう!

ワッキーこと立脇潤です

 

f:id:tatejun1974:20161010132623j:image

(アウトドアや外出時に便利なミル)

f:id:tatejun1974:20161010132708j:image

(家で使ってる業務用の中古品のミル)

珈琲豆屋で勉強していると粉の状態で買っていく方、豆の状態で買っていく方、いろいろいらっしゃいます。

豆屋からすると、もちろん豆の状態でできるなら買ってほしいんです。

店側の豆を挽く手間が省けるからではありません。

より美味しい状態で家でも飲んでほしいからですよ〜。

 

10月1日の珈琲の日の時の記事です

third.jp

インスタントコーヒーではなくレギュラーコーヒーを飲む人が増えているというデータと、ミル(珈琲豆を粉にする道具)をもっている人の方が珈琲を楽しんでいるというデータです。

 

確かに、ミルがあると豆を挽いているときの楽しみ。

質の高い豆があると豆の時の香り。挽いた時の香り。ドリップして淹れている時の香りが違うので、それが楽しかったりするんですよね。

挽き方によっても味わいが変わってくるし、ドリップによっても変わってくる。

どうすれば美味しくなるかなあ〜なんて、考えている時間が何より楽しかったりします。

 

珈琲は酸化することによって味わいが落ちてしまいます。

粉の状態にすると、何千倍以上に酸化するともいわれてます。

なので、珈琲専門店は粉の状態で保存しないんですよね。

 

ミルは場所もとるし、お金もかかる。味も大して変わらないと思って買わない人も多いのもわかります。でも、飲む前に挽いて、淹れて美味しいより美味しい状態で家でも飲んでほしい!って、思っちゃうんですよね。