珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

濁りとパンチとレッドアイ

ワッキーこと立脇潤です

 

渋谷のゴリラコーヒーに行ってきました。

f:id:tatejun1974:20170417195431j:image

(ゴリラ顔のつもり)

 

前回、もう一年以上前ですかね。行った時は、お店のキャッチコピーであるパンチの効いたコーヒーの意味が良く分からなかったんです。

確かプアオーバー(ハンドドリップの別名)でストレートのコーヒーかブレンドだったかを頼んで、ああ、ここも最近の酸味がメインの味わいだな〜

という感じぐらいで、当時それ以上のものを感じれなかったんですね。

 

先日、池袋を歩いていたときにもゴリラコーヒーが出店していて、ここにもあるんだ〜なんて、思っていて再び気になり始めたんです

 

メニューを調べていたら、

 

レッドアイ

 

というメニューがあります。

【コーヒーにエスプレッソを加えた、人気のメニュー】

これか!!これを頼まないからゴリラらしさがなかったんだ!!

 

ちょっと謎が解けた気がして、どうしてもお店に行きたくなったんですね。

というわけで行ってきました!

f:id:tatejun1974:20170417195812j:image

 f:id:tatejun1974:20170417195614j:image

f:id:tatejun1974:20170417195631j:image

それでパンと一緒に注文。

 f:id:tatejun1974:20170417195643j:image

(この店のフードは個性的でボリュム感があるので、面白いです!でも、一つだと個人的にはお腹は物足りない・・)

エスプレッソを追加すると普通、珈琲の苦味が強くなるイメージがあるじゃないですか?

(近年のコーヒーにどっぷりはまっている人は別です)

焙煎が浅いものだとエスプレッソにしても、酸味の味わいが増すんですよね。

うん。パンチのある味わいになった!

なかなか、面白い味わい。

 

最近の酸味系の味わいって、カッピングの評価項目の一つにカップの綺麗さという項目があるので、透明感を追求するお店が多いんですよ。

(クリーンカップというやつね)

それはそれでいいんですよ。豆を評価する基準ですからね。

でも、レッドアイは、濁りANDパンチ!!という感じです。

それも嫌な濁りじゃないんですよ。

これはありで面白いなあという感じ。

 

そんなことを感じながら、ニヤニヤして飲んでいました。

 

お店の外にでると、スギ花粉がまだ飛んでいるようで、目がかゆいです

掻きすぎて、レッドアイになりそう。。

お後がよろしいようで