珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

王道から外れた美味しい楽しさ

ワッキーこと立脇潤です

 

珈琲には王道みたいなのものがあって、昔ながらの苦味を楽しむ深煎りの豆をネルドリップやペーパードリップで淹れる。コクと甘み、苦味がすべて揃って美味しい珈琲ができる。

最近の酸味がメインの珈琲。フレンチプレスやスッキリ感がでる道具を使って、透明感のあるフルーティな酸味を楽しむ。そんな珈琲の王道があります。

 

今日はお店ができて1、2年ぐらいの大宮の珈琲屋さん「ALLEY COFFEE」さんに初めて行ってきました。

f:id:tatejun1974:20170513193114j:image

オススメの珈琲に浅煎りの豆が書いてあったので、フルーティーな味わいがメインの最近のコーヒーだと思って飲んでみたら、コクのある(飲みごたえがしっかりしてる)酸味の珈琲が出てきて、美味しく楽しめたんです。

 

何だろうこの組み合わせは?

 

とても疑問に思って、お話を聞いてみると、直火式の焙煎機でネルドリップで淹れている。

f:id:tatejun1974:20170513193152j:image

(焙煎機のディスカバリー。小型で200g焙煎できる本格派)

ランチにカレーライスも提供しているので、苦味のしっかりした味わいの珈琲も品揃えしていて、珈琲の苦味とカレーライスの辛さを合わせて美味しい組み合わせもできる(食べてないので、そのはず!食べたのはケーキセット)。

f:id:tatejun1974:20170513193134j:image

f:id:tatejun1974:20170513193141j:image

その淹れ方の流れで、浅煎りネルドリップという、あまりない組み合わせを飲むことができる。

 

王道から外れたところでも美味しさがあり、十分に楽しめる。

違う産地の珈琲も楽しみたいし、カレーと珈琲の組み合わせをどこまで追求しているのかも感じたい。

また行って確かめよう。