珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

コピ・ルアックを飲んできました!

ワッキーこと立脇潤です

 
コピ・ルアックの珈琲を飲んできました!
以前は、世界一高い珈琲とかいわれていたみたいです。
テレビや映画で取り上げられて、観光土産とかにもなっていますね。
 
詳しくはこちら
コピ・ルアックとはインドネシアに住むジャコウネコが食べた珈琲豆を消化されずにでてきたものです。
つまりジャコウネコの糞珈琲という人もいます(^^;
 
希少価値があって大変高値で売られてます。
話は何度も聞いていました。お土産に一度もらって飲んだことはあったのですが、粉の状態だったのと観光土産品だと保存状態がどうだったのかわからないのもありました。珈琲屋さんの珈琲で実際に飲んだことはなかったので、楽しみにしてました
 
場所は横浜、石川町。
珈琲屋さんです
数が少ないので、数が集まってからの予約制のところとか、豆売りだけのところとかが多くて、カップで飲めるところは少ないんですね。
やっと行けるタイミングができたので、飲んできました。
 
うん。トラジャやマンデリン系を代表するインドネシアの王道的な味わい。
苦味がしっかりしてて、冷めてくると甘みがじわりときます。
でも、僕的には喜んで年中飲みたいかといわれれば、そうでもないかな〜
そんなに独特な味わいという感じもなかったし。
それなりに質のいい珈琲ではあるけどね。
味わいというより希少性で値段が高いと思われます
 
本当かどうかはわからないけど、観光名物になりすぎて、質が落ちてきているという噂も聞いたことがあります。ジャコウネコが牛や豚のように、飼育場みたいのところにいれて、珈琲の味を食べさせて。。
嘘か本当かはわかりませんが
 
こちらの店の焙煎が電気の熱風焙煎のようで、素早く焙煎できる長所はあるものの、豆本来の長所を最大限引き出す機械だとは思えなかったというのもあります。
豆の味わいの可能性はもっとあるのかもしれないです。
最終的には自分で納得のいく焙煎、ドリップをしないと評価はできないかな
 
その時の楽しみの1つにとっておきますか^o^
 f:id:tatejun1974:20160307094758j:image