珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

僕が今やったら。。

珈琲豆専門家ワッキーこと立脇潤です♪

 

門前仲町が熱い!!と言っておきながら、雑誌などでもりあがる(あがってた?)この店に先日、行ってきました(一応、友人がいったことがないと言っていたので)

さて、どこの店舗でしょう?

 f:id:tatejun1974:20151012002913j:image

f:id:tatejun1974:20151012002927j:image

f:id:tatejun1974:20151012002939j:image

 

ブルーボトル清澄白河にある1号店!!

清澄白河の店舗は初めてきました。

サードウェーブとともに海外からやってきたようなイメージです♪

鮮度の高い豆をフレッシュな酸味を楽しむサードウェーブ系の味わい。(本来の意味はちょっと違う)

時代の流れを感じます。。

18時ぐらいに到着したのですが、10分待ちぐらいではいれました。

(開店当初は3~4時間待ちだった)

シングルオリジンのストレートを注文。

今回はコロンビアの豆でした。

飲みやすくて美味しい♪

シトラス、マンゴーのような酸味という感じでしょうか。

驚いたことが2点。

豆の挽き売りをしていませんとのこと。

僕の知っている限り、珈琲豆を買って、お店で挽いてくれないところは初めて。

(もちろん、マスコミ等で有名な混雑するお店なので混雑緩和の1つの手段。あとは、珈琲の美味しさを損ないたくないなどの理由は考えられます)

もう一つ。サイドメニューでクッキーを頼んだのですが、珈琲フィルターで包まれてでてきた!斬新です。なにかプリントなどしてあるのならわかるのですが、何もなかったので。個人的にはどーなんだ!って。

f:id:tatejun1974:20151012004738j:image

 (左がクッキーのいれてあった、珈琲フィルターの大きいもの。食べ終わった後に撮ったので、伝わりずらいですね。。)

両方ともブルーボトルの知名度があるから許されるのであって、僕が新規でお店をだして同じことをしたら、まあ叩かれるのかな~なんて、思いましたね。

これもブルーボトルのセンスがいいっていうのかな〜