珈琲豆専門家ワッキー(立脇 潤)のブログ

珈琲を本格的に勉強して11年。都内の珈琲専門店で勉強もしています。珈琲の楽しさ、奥深さなど伝えられたらいいなあって思います。その他にも大好きな神社仏閣についてや、大きな手術を経験しているので、健康について。また日々の仕事や生活についても書いています。

何でもない話が重要かも

珈琲豆専門家ワッキーこと立脇潤です

 

先週の今頃、とーっても調子が悪かったんです。

スパルタフロリダ族で、突然10分話すということでやったことのないkeynoteを開き、話す事を考えるという課題。

あ、珈琲のことなら話せると思うんですよ(面白く話せはしないけど〜) 

 

まあ、プレッシャーに弱いんですよね(^^;

 

寝不足と、プレッシャーで持病のお腹の調子が。。(先週の話です)

 

ということで、神奈川の大和に行く前に地元の鍼灸にいってから、なんとか乗り切り、その夜は大和に泊まり。

次の日の朝は泊まりなので自分で淹れた珈琲を飲めないというストレス(笑)

駅前のビルの上のほうの珈琲屋さんがいっぱいで入れなった。。(TT)

 

念のため、大和の鍼灸をネットで探して、もう一度ケアしてきたんです。

それがここ。

 f:id:tatejun1974:20151206231103j:image

f:id:tatejun1974:20151206231111j:image

なんとなく真似してみた(笑)

 

さて、この絵ってなんなんでしょうね?きっと東洋医学に関係しているのかな?

 

フロリダ族仲間のタムさん(田村貴法)さんのだいぶ前の記事

ameblo.jp

 

「鍼灸師が開業して5年後に生き残れるのが10%以下。

国民の4.8%しか鍼灸を利用したことがない」

 

タムさんの記事を読むまで知らなかったんですが、こんな現実なんですよね。

僕は20年前ぐらいから鍼灸を利用してますが、整形外科などで治らないとなげいている人は一度試してみるといいと思いますよ。

個人的には内臓系の予防、治療のときに利用してます。

僕の知っているだいたいの鍼灸院は個人経営か家族経営。

でも、この大和の治療院は違った雰囲気を感じました。

・雰囲気・治療院自体が明るい

・ものすごく丁寧に説明しながらやってくれる(初診だったからというのもあったかも)

 女性の患者さんも多いようで、先生との何気ない会話を楽しんでいるようでした。

ベットが5個ぐらいかな?あって、あちこちで病気というより、日常会話を楽しんでいるように聞こえました。

 どういう治療を今しているという話も聞きたいのですが、それで不安を取りぞき、何気ない会話をしているのが、一番のストレス解消になるのかな~なんて思いました。

 

珈琲屋だったら、美味しい珈琲で舌を満たして、何気ない会話で心も満たす。美容院だったら、気に入ったヘアスタイルで外見と内面を満足してもらい、何気ない会話で心をさらに満たす。みたいな感じでしょうか。

 

ん?お前が何気ない会話をきちんとしろよ!という突込みが入った気が・・(^^;